フェイト完成してました

BUBBA フェイト
02 /19 2011
あれ?
先日アップしたと思っていたら、保存を押してなかったようです。
そう言えば、アップしたとたんfgがアクセスできなかったりで、なんだか散々の模様。ww
アップした夜にアクセスできないと後ろにどんどん流されちゃって、ほとんどアクセスがないという・・カワイソウニ
ま、それは仕方ないって事で~
BUBBAさんのフェイト完成しました。

bubbafate1.jpg

fg当たりでも書いてる通り、継ぎ目消しが大変なキットです。
あと、複雑な形状のパーツを抜くためか、マントや髪には大きな段差があります。
その辺をクリアーできれば、ガイドがしっかりしたキットなので誰が作っても同じポーズのフェイトが完成w

しかし、意外と精密なキットは穴あけが難しい。
と、色んな難題クリアーして出来上がった、とてもいいお尻のようじょです。

他の写真は続きを見るでどうぞ

続きを読む

スポンサーサイト

エポキシ接着剤

BUBBA フェイト
02 /12 2011
大きくうねるマントのマスキングはなかなか手がかかります。
しかも、死角が多いのでマスキング漏れがないように注意です。
bubbafatemasuking.jpg
ブラシをかける前に、きわが浮いていないか再度押さえてからサフ吹きます。


さて、すっかり後回しにしていたバルディッシュのクリアー部分。
意を決してエポキシ接着剤で処理しなければなりません。
エポキシは、古くなると固くなったりするので新しい物を用意。
それと、納豆巻いてあるビニールを準備。
このビニール、ほどよい厚みで使いやすいんですよ。
うちは毎日食うので、いつもこれでアルテコ混ぜてます。
ま、納豆嫌いな人はテープとかで。
epokuria1.jpg

いつもは爪楊枝で混ぜてるんだけど、これは木なので余計に気泡を産むそうです。
なので、エポキシに一緒に入ってた棒で大きくかき混ぜることに。
どうしても気泡はできるけど、できるだけ気泡を産まないように慎重にしっかり混ぜます。
混ぜたすぐは気泡が沢山出てるので、30秒くらいおいてから残った気泡をできるだけはじっこへ寄せ~~

で、できるだけ早く片面にだいたい凹部が埋まるくらいに、できるだけ気泡のないところを針金で取ってちょんちょん置いていきます。
あふれないよう、平らになるくらい。
そして平行にした状態で硬化させます。
ホコリが付いたらアウトなので、乾かす間ホコリが落ちないように注意します。
固まったら裏も同様に。

epokuria2.jpg
このとき硬化したかどうかは盛った方ではなく、混ぜたフィルムの台紙の方で確認。
混合不足だと、いつまでもべたべたして完全硬化しません。

と、ここで終わらせてもいいですが、できれば表面に丸みを持たせたい。

ポコッとした球状の丸み。

そこでもう一度盛ります。
今度は表面を覆うくらいの量を、伸ばす感じで。
接着剤と言っても、クリアーと考えればいい感じ。
そして塗ったら、その面を下にして水平にした状態で硬化するんです。
自分はこんな感じで。
epokuria3.jpg
下側が塗った方です。
しっかりテープで固定して、ひっくり返らないように。
洗濯ばさみは軽いので、もっと重量のあるしっかりした物がいいかも。
ここで斜めになると、綺麗な球状ができません。

出来上がりはこんな感じ。
横から見た写真で。
epokuria4.jpg
おお、上手く行った。

気泡は多少は仕方ないです。
気泡ゼロは、なかなか難しい。混ぜてるときに、どうしても気泡はわき出てきます。
もし、混ぜた方の台紙をさわって、べたべた~と硬化不良を起こしていたら……
バルディッシュ側も同じ状態です。

しかし慌てない。

もう一度、今度はしっかり混ぜて同じ作業をやってみましょう。
ちょっと出っ張りが大きくなるだけです~

気泡ができない混ぜ方って、あるのかなあ

継ぎ目消し中

BUBBA フェイト
02 /08 2011
継ぎ目消し始めました。

なんか冷やし中華始めました、みたいなww
BUBBAさんのキットは、継ぎ目消しが必ずあるようです。(いや、無いのもあるかもしれない
しかも、ほぼ一カ所じゃ済みません。(いや、一カ所で済むのもあるかもしれない

まずは大物のマントから。
これが非常にうねっているので意外と難敵で、サフ吹いて何度も磨いてます。
bubbafatetugimekesikuro.jpg

黒は塗ったけど~これをマスキングするのか~~
なんか凄い大変そうww

あとは3カ所。
bubbafatetugimekesipate.jpg
継ぎ目を消したので、明日塗装します。
元の色が塗れるかが、一番毎度心配なところ。

昨日は遠くの病院へ受診するのにスクーターで行っちゃったので、今日はくしゃみ連発で凄く眠いです。
くしゃみだけだけど、風邪気味かな~
イベント終わってホッとしたので、気が抜けましたww
次の締め切りアリってのは、猫鯖コンペかな。
何も縛りがないので、できれば参加の方向で。
できたらまた、大阪行きたいですねえ。
九州新幹線が、オープンしてるかな?

塗りに入ってるんですが

BUBBA フェイト
01 /15 2011
ああ、ブログ更新忘れてました。
なんかイベント近づいてきたら、胃が痛いのはなぜw

イベント品が来る前に完成させようと思っていましたフェイトですが、そう言うこと考えるとろくな事無いんで諦めマスタ。
磨きに甘いパーツが塗料乗せると目について、結局またサフ吹いて磨き直してたりでいつものペースになってます。
やっぱり丁寧さが命ですからねえ、この仕事。
最近は非常に乾燥した状態で、塗装中も静電気でホコリが吸い寄せられたり凄いです。
窓を開けてブースのダクトを出すので、寒いからとセーター着るとホコリをまき散らしたりでオーマイガッ
セーターはウールが入ったらアウト、化繊系だと大丈夫みたい。
昔よく見た、割烹着とか探しに行こうかなあ。

さて、お肌はいつものブレンドですが、フェイトさんは白人のようなので黄色味をおさえた肌色で塗ってます。
アジア人は黄色を強めに塗るとか、人種でその辺微調整します。
bufehada.jpg

スーツとニーソは肌色の上に、薄めたブラックを何度も吹いてグラデーション作りました。
実質真っ黒にならないんですが、こういうボディにフィットしてる素材ではグラデーションを出さないのがもったいない気がします。
マントがあまりにも波打っていて塗装を無視した作りなので、向こうはどうしてもベタにならざるを得ません。
なので、ボディでアクセントになって丁度いいかと思います。
bufesutu.jpg
幼女系なのに、えろいw

髪は今回、普通の黄色系。
顔を塗ったあとで、ヘッド部分は組んで継ぎ目消しがあります。
今回はマントやスカートと継ぎ目消しが多いので、非常に緊張しますね~
bufekami.jpg

でも、継ぎ目が綺麗に消えたときの気持ちよさは、何とも言えない気持ちよさw
さて、今日はマント塗るかな。
裏表で色が違うから間違えないようにしなくちゃ

あけましておめでとうございます

BUBBA フェイト
01 /07 2011
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

暮れからちょっと忙しくて、やっと通常状態に戻りました。
暇を見つけてはフェイトのペーパーがけをやって、1日はゴロゴロして、2日から作業やってました。
やっと塗装には入れるかな?って頃です。

ペーパーがけって言うと地味な作業でして、何もブログにアップする物がない。
しかも、相手はBUBBA氏のキットですから、非常に緻密でモールド消さないように注意しながらペーパーかけております。

終盤まで残した髪の処理も無事に終わりまして、これは最後まで折らないように注意です。
これが細いためにキットの状態ではこんな感じを、あんな感じにまで持って行くのはなかなか大変で面白いのであります。↓参照
bufekamibari.jpg

細いパーツの先端はみんなこんな感じにしてありまして、「好きなように、ギンギンに尖らせてくれ!」
と言う挑戦のような、「んじゃ、あとよろしく」のような~ww

昨日は再度洗浄したので、今日は足付けてプライマーでも塗ってみましょうか。

yozakura

ペコポンのガレージキットを製作するのだ!

了解!

メルアド変更しました。
yozakura09933アットマークgmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。