鉄虎竜 霞

鉄虎竜 霞
06 /20 2011
kasumi1.jpg
ブログにアップしてませんでしたね。
霞さん完成してました。
随分前のキットのようで、完成写真がなかったのでマックスファクトリーのかすみ(乳神様~ を参考に塗らせていただきました。ありがたや~

ムッチリどっしりしてるので、パーツの合いの面が大きい為に意外とすき間が目立ち、またペーパーかけてると下から気泡が沢山出てきたり、甘く見てたら意外と手がかかりました。ww
最近はあまり見ないんですが、キャスト斑が結構目立ったので下地にクレオスのGXの白塗ってます。

顔は凄くふっくら顔だったので、ごりごり削りました。
削りすぎないように、かなり慎重にやってます。
もし削らなかったら、全然違う顔だろうなあ。
もっと日本人ぽい顔かも。



恋戦ミクは完成してるんですが、写真がまた髪のミドリに引っ張られてお肌が真っ黄色に写っちゃうので、現像ソフトを勉強中。
しかし、ちっとも操作方法がわからぬ。
本が送って来てからになるので、出品も来週になると思います。
しかしミドリでいちいち真っ黄色に写る病気出すようなら、D50も買い換えねばならんなあ。
背景の茶色、黄色、緑色も使えないし。

次はボークスのベヨネッタ作り始めました。
大きいキットなので積んでましたが、抜きは綺麗だしテクスチャが多くて意外と表面処理する所も少ないようなので、下地作りは以外と早く進むかも。
そのかわり、塗装に時間かかりそうですけどね。

続きを読む

スポンサーサイト

服とかシール

鉄虎竜 霞
06 /03 2011
服のブルーですが、下にシルバーを吹いてクレオスの新しいブルーに少々色を足して吹きました。
クレオスのブルーは去年だったかまったく色味が変わって、紺から普通の青になっちゃいましたね。
以前の紺色は純色代わりに良く混色に使ってましたが、今度の5番も混じりっけがない深い青で意外といい色です。
kasumiao.jpg

写真の上着はシールを貼るので、ツヤを落としていません。
うっかり半つやを吹いてしまうと、シールが白浮きするシルバリングを起こしてしまいます。

シールは固くなってないかと心配でしたが、マークフィットでキレイに貼れました。
タミヤのマークフィットは、柔らかくなるのに少々時間を取りますが、柔らかくなりすぎる事がないので使いやすいです。
kasumisiru.jpg

一晩乾かして、明日半つやを吹きましょう。
髪も塗ったので、このあと継ぎ目消しをしました。
kasumikami.jpg
ポニーテールが3パーツに別れているので、2パーツは先にくっつけましたがあと一組は無理でした。

あと、刀の色分けがちょっとわかりにくいので、日本刀の写真を探しています。
以外と細かく作ってあるので、とても格好いい感じです。

台風接近

鉄虎竜 霞
05 /28 2011
塗装に入りました。
が、明日は台風だそうです。orz
まったく、なんで5月に来るんですか。
台風2号ソングダーさん、なんか名前からしてゾンダーみたいな~
いっそ台風をゴルディオンハンマーで光にして欲しい。
さて、
一応お肌を塗ったので、明日はマスキングして過ごしましょう。
kasumihada.jpg
服はキットの完成写真がないので、マックスファクトリーの名作霞を目安に塗っていきます。
どんなブルーにしようかなあ。

明日は風が強いと怖いので、あまり手がつかないかもしれないけど出来ればミクも手を付けたいなあ。
あとは髪を処理すれば塗装出来そうなので、そこまで仕上げておきたいです。
昼台風のようだけど、停電しなければいいのに。
最近電気屋さんに行っても、単2単1の電池が売ってないのでとっても困ります。
どうか何も被害がありませんように。

顔の削り

鉄虎竜 霞
05 /14 2011
霞さんは、ぽっちゃりボディに合わせてふっくらした顔です。
kasukao.jpg
微笑んでいる顔をイメージされているらしく、頬が少々多めにふっくら+口元はキュッと引いているので、口元に濃い影が落ちやすく表面が歪んだようにも見えます。
目も微笑んでいる感じで細いのですが、少々目は大きくして欲しいと言うことで彫り広げることに。

顔を削る時は顔を斜めから見て、鉛筆でだいたいの線を頬に入れます。
それから、削るわけです。
私はだいたい大まかにカッターで。
カリカリちょんちょん削って、それからやすります。
なぜか、カッターが使いやすくて好きなのです。
カッターは削りすぎるのが怖いって時は、やすって削るしかありませんが。

左右対称を見ながら、頬を自然なラインに。
それから、彫りが深くて少々彫りにくかったのですが、上下にアイホールを彫り広げました。
ノミで慎重に、だいたい上下に各だいたい1mmずつ。
全体を広げるのではなく、曲線の頂点を広げて丸くしました。

kao1.jpg
kao2.jpg
左が彫る前、右が彫ったあと。

これでだいたいディテールを変える作業は終わったので、ペーパーがけしてます。
できれば、湿度が上がる前に塗装に入りたいです。
ミクはそのあとかな。
ミクはあと、髪のやすりがけだけなので、続けて塗装に入れればいいな。

彫り彫り

鉄虎竜 霞
05 /11 2011
霞さんはムッチリ系で何もかもムッチリですが、なぜか指まで太いww
長さは普通で太いので、なんか短く見えます。
ですので、少々1本1本削りました。
kasuyubikezuri.jpg
両手ともカッターでざっくり削ったので、ぺーぱーかけます。
kasute.jpg
指の仕草は綺麗ですね。
小指をちょっと立てている手が女らしいです。

最近はパーツ数の多いキットが多いですが、服や装飾品で細かくパーツを分けてある物が増えました。
ボークスとかは一体抜きが多いですが、あれは思った以上にマスキングが大変なんですよね。
霞さんは足のすね当てがワンパーツ抜きです。
そのすね当て上部が、抜きの関係か彫刻がなく埋まってます。
kasusuneate.jpg
ここは彫ってもすね当て裏側を塗る事がちょっと難しいかもしれないんですが、ま、ここは白なのでミストが回らなかったら筆で塗ることにしましょう。
kasusuneatekezuri.jpg
のっぺりしているより、彫った方がすね当ての存在がはっきりしますね。

yozakura

ペコポンのガレージキットを製作するのだ!

了解!

メルアド変更しました。
yozakura09933アットマークgmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。