エポキシパフェ 暁美ほむら 完成しました

エポキシパフェ 暁美ほむら
09 /23 2011
猫鯖のコンペに出そうかと製作したほむほむでしたが、結局コンペには出しませんでした。
細い髪の別パーツが多いので、送って送り返してのストレスを考えるとリスクが大きいなと言うことで。

と、言うわけで今日は「大阪ボークス猫鯖出張展示会」の日です。
当方も綾波レイと、ドラ子さん(Dragon Dolores)を出してるので、お寄りの際はどうぞご覧下さい。

そしてそろそろ依頼品もめどが立ってきたので、(ハッと気がつけば、全然ブログに上げてなかったり・・すいません)ほむほむをオークションに出品しました。

まどマギキャラは独特の配色と風貌、それに雰囲気持っています。
それは特徴があるという掴みやすいようで、掴みにくい難しい、なんだか難しい特に特徴の強い顔があるのです。
顔は~人形の~命~とか、なんか聴いたような歌があるんですが、まさにその通りでありまして、じっくり本編の写真見ながら描いていきました。
ちょっと明るいパープルは、暗いパープルで塗ったらほんとに暗い顔になっちまったぜー、でして、ブルー系に振るか、明るいパープルに振るかした方が顔が映えると思いまして、明るいパープルに振ったわけです。

紫というのは、赤とブルーのバランスが非常に微妙で難しいです。
そして、暗くするために黒を混ぜると濁る、非常に難しい色でした。
グラデーションは赤っぽいパープルから青っぽいパープルで、明暗を出すのが一番塗りやすいと思います。

それと今回は、瞳にクリアーを塗っていません。
これが意外といい感じで、瞳の大きなキャラにはこれもいいかなと思います。
どうぞよろしくお願いします。

homura13.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

地味め

エポキシパフェ 暁美ほむら
09 /10 2011
先にほむほむ仕上げてます。
実は塗装終わりました。
先日ブログ書く途中で消しちゃったようで、更新したつもりでいたとか、どこの呆け老人やねんw

シズカさんは、腕のネットモールドを黒で塗ってみたんですが、やっぱりダメダメですよ。
下の肌とアミがベタッと密着してるところが気持ち悪い。
sizukaude.jpg
↑これね。
で、この網。出来れば貼りたい。
生地屋さんはなかったんで、ホムセンで黒の網か白の網を塗る「染めQ」とか探したんですけど、どこもなし。
ネットで探しても、まったく見つからない。
と、どうもこれじゃないかってのを一つ見つけたんで、問い合わせ中。
なんでこう、チュールというと六角アミなんでしょうね。
友人に頼んでたけど、駄目っぽいのでなんとか取り寄せたいと思います。
たった1パーツのちょっとなんだけど、そのままだとどうしても後悔しそうです。


と、言うわけなので、ほむほむさんを先に仕上げときます。
(前置きながい~~ww)

ほむほむさんは、調色していて「ええ~これでイイの?本当にこれでイイの??」ってぐらい地味です。w
fgあたりを見ると、パープル寄りに塗ってる人が多いってのもよくわかります。
一応、ネットで番組中のシーン資料を集めて、それを元に塗ってます。
homusukato.jpg
homueri.jpg

襟はラインがクロスしてるんで、縦と左右の横ラインをそれぞれ順に、塗ってマスキング塗ってマスキングとやってます。
こういうのって、ちょっと幅が違えば目立つので、0.5mm単位の定規で測りながらやっていきます。

あと、このキットはタイツの模様がモールド切ってありません。
だいたい下は幅を4mmから、0.5mm単位で徐々に大きくして上は7mmまでの大きさでマスキングしました。
homuasi.jpg

モールドがないってのは不安だけど、自由だからかえってやりやすいかもしれません。
ただ、マスキングの菱形をきちんと作る必要があります。
でも、それが綺麗に上手くできると気持ちいいんですよね。


なんかまた暑さがぶり返しました。
シズカさんの塗装に入る時は、涼しくなってくれればなあ。

彫るべし

エポキシパフェ 暁美ほむら
08 /29 2011
ほむらさんのあちこち彫ってます。
スカートのフリルが細かいんですが、埋まって重い感じなので薄くモールドがはっきりするようにフリルの間を彫りました。
homufuriruhori.jpg
上が彫る前で下が彫ったあと。
まあ、こう言う所は下から覗かないとわからないんですが、軽やかさが出ます。

あとは、袖です。
homusode1.jpg
二重の袖なんですが、下の袖と上の袖の間が埋まってます。
こういう場合、彫るか切って別パーツにするかで悩みます。

今回は、キャストが比較的柔らかいので、まあ彫ってみるか~というわけで
homusode2.jpg
彫る。
手をケガしないように、ひたすら注意しながら彫る。

彫ったあとはペーパーかけて、右手だけ完成
homusode3.jpg
彫ってないのと並べると、やっぱり違うな~
こういうちょっとした所の手をかけると、出来上がりが綺麗でなんか嬉しいんですよね。
まあ、自己満足かな。


シズカさんは、友人からチュールの返事が来ないww
もう少し待って、駄目ならあきらめます。

魔法少女になってよ!

エポキシパフェ 暁美ほむら
08 /26 2011
homukarigumi.jpg

エポキシさんの、ほむほむです。
数あるほむらキットの中でも、風をまとったような造形がいいなーと思って手に入れました。

猫鯖のコンペが魔法少女だったので、それ用に買ったんですが。。。日程間違えてました。(;´д`)トホホ…
来月末だと思っていたら、今月末だっだ。
急げば~とか考えそうなんですが、このキット、ラインが切ってないのでなんか塗装の勝手が違うような。
手順を考えながら、のんびり作るです。

で、まあ、一応ちょっと時間が空いたので、ペーパーがけでもしてます。
抜きがいいので下地はラク。
どう塗ろうか、今から考えます。
いや、その前にベヨ塗らなきゃかな。
うむ~順番考える。



シズカは、ペーパーがけ終わりました。
が、腕のパーツをどうするか友人に材料聞いてるので返事待ち。
sizukaude.jpg
この網の部分を削り落として、ダイヤの編み目タイプのチュールに変えられたらと思うんですが、そのチュールが手に入らないかと画策したわけです。
しかし、このダイヤの編み目のチュールがなかなかないのです。
手に入らなかったら、あきらめて塗装するか、糸でも貼り付けるか。
塗装より、なにか素材を貼った方が綺麗に出来そうです。

yozakura

ペコポンのガレージキットを製作するのだ!

了解!

メルアド変更しました。
yozakura09933アットマークgmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。