ボークス T-elos テロス

ボークス T-elos テロス
09 /10 2013
t-elos1.jpg
テロス完成しました。
ほんとに……辛かったww今年の夏はw
まあ、それはいいとして、とにかくこの湿気。
パーツが大きくてブースに入らないのに困って、色々と工夫しました。
1/4は、完成したときに妙に達成感があります。

塗装については、前回記述したので特になし。
額のパーツは目が隠れるのと写真のと2種あるのですが、レンズカバーのクリアーパーツが一つしか付いてない。
しかもクリアーパーツを別パーツにすると前髪の付け外しがどうも簡単にいかないので、ムヒのキャップにクリアーのプラ板を暖めてかぶせて丸みを出し、切り抜いて裏から塗装し貼り付けました。
ムヒの頭は丁度いい丸みw

以下、数枚上げときます。他の写真はHPへ
あと、自分的に苦労した物なので、あとでfgにもあげときます。

続きを読む

スポンサーサイト

エロスさん、塗装ちゅう〜

ボークス T-elos テロス
08 /12 2013
さて、塗装です。
テロスさんのお肌は、とにかく普通の小麦色より濃いお肌。
いつものクリアーで小麦肌を作る方法と違って、クレオスの肌色を調色して肌色を作りました。
telhada.jpg
telhada2.jpg

何混ぜたか良く覚えてないんですが、フレッシュに茶色とか黒とか入れたような。
最後にトーンを落とす為にクリアーブラックを上から吹いてます。

スーツは布部分のブラックを塗り、マスキングして最初に紺色を。
telao.jpg
更にマスキングして、赤紫のラインを塗ったという所です。
telaka.jpg

途中夏風邪引いて久しぶりに熱まで出したんですが、なかなか咳が長引いて体調戻らずにここまでえらい時間かかってしまった〜。
しかし大きいキットはマスキングテープの消費が半端ないw

さてこの紺色と赤紫のラインですが、軽くメタリックにしてます。
メタリックはメタリックブルーを塗るか、銀塗って上に青塗るかのどちらかです。
これは銀塗って青でコートする方法で塗ってます。
透明感があって色に深みがあるので好きな方法です。

まず黒塗ってみたんですが、意外と傷が残ってたんで一度また全部、目の細かいペーパーで磨いてます。
elokuro.jpg

再度黒で塗りつぶし、シルバーでグラデーション作り、紫混ぜた紺色をオーバーコート。
赤紫のラインも同様です。
つまり、影の色は下地の黒で作ってます。
この塗り方、ガンダムです、MAX塗りって奴ですw

大きいので、パーツの保持がなかなか大変。
あと、この暑さは異常ですねー。
塗ってる間にブラシに入れた塗料が濃くなっていくw

この大きなキットのために、初めてタミヤのトリガー式を買ってみたんですが、なかなか均一でふわっとした吹き味で大きな面が塗りやすい感じ。
いまだボタン式の方が小技は効くので、使い分けてます。

またデカイのです

ボークス T-elos テロス
05 /24 2013
先日より依頼でボークスのテロス作ってます。
仮組み中です。

ボークスは意外とダボがしっかりして、どうかしたら芯入れなくても組み立てられるんですが、どうもこれはいつものボークスよりダボ少な目です。
簡単に〜ってのは、キャラグミンの方が向いてるでしょう。

ビッグキットはなんとなく体力勝負のような気もしますが、頑張るしかありませんw
今回は頭に電飾もあるので、それが大変。
どうもキャラグミンはそのスペースが用意されているようですが、ホワイトキットはそのスペースなし。(無慈悲なキットなりw)

以前、兎鳥人さんがこのキットの工作をされていたので、それを参考に仕方ないので頭の大きなブロック状のダボを削りました。
erokezuri1.jpg
ボタン電池とは言え、意外と場所を取ります。
それにこのLEDの電池やスイッチ類は小さくて華奢で、なんか壊れやすそうな感じ。
erokezuri2.jpg
ひたすら削って、なんとか入るように出来ました。

私が使ってるリューターは、クレオスの電池式。
erokezuri3.jpg
でも以外とパワーあって良く働いてくれるし使いやすいので、これで満足しちゃってます。

yozakura

ペコポンのガレージキットを製作するのだ!

了解!

メルアド変更しました。
yozakura09933アットマークgmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。