ボークス KOS-MOS ver.4 完成しました。

ボークス KOS-MOS ver.4
12 /20 2014
kosmos001_20141220220438667.jpg
無事に依頼者さんへの引き渡しが済みましたので写真アップします。
本当に、これの製作感想を書くと愚痴だらけでみっともないの一言でありますww
だらだら一年がかりで、メーカーさんの依頼の隙間を見つけながらの作業だったこともありますが、それだけ本当に苦難の道でした。
マスキング、マスキング、マスキングです。
特にトラブルが無かったのが幸い。
写真を見ながら、本当に無事完成できて良かったと大きな息をついて、お茶が美味しいですw

続きを読む

スポンサーサイト

G-SHOT組み立て

ボークス KOS-MOS ver.4
09 /13 2014
顔、描きました。
漫画チックな物とかボークスの作例とか、色々目の感じが違うのでどうしようか迷いましたが、先に作ったテロスと並べて飾られると思うので同じようなCGっぽい目にしました。
kos5.jpg
ロボ子なので、頬にチークは入れません。
あとは目と唇にクリアーでツヤを出します。

あと、最大の心配だったG-SHOTのメタルパーツ(アルミ棒)取り付けです。
kos7.jpg
これが固くて、仮組みの時にひどく難儀しました。
色を塗ると塗膜分厚みが増すので、ますます心配でした。
入りやすいように削りすぎると、緩くて精度が失われる気がするので、組み立て時に打ち込むかと見切り発車で塗装。
今日組み立てたわけですが、やはりさすがになかなかアルミ棒が中に入ってくれない。
仕方ないので1000番ペーパーを丸めて受けの方の内側をくるくるペーパーかけてツルツルにしたら、大した力もいらずツルッと入ってくれました。
ああー、良かったw

アルミ棒も、磨いて黒塗ってシルバーで塗ってます。
アルミではここまで光りません。
クレオスのスーパーファインが、クリアーでコートしても一番光ってくれますね。
組みましたが、結構重いw
重めに塗装したので、重厚感ありますね。
kos8.jpg

kosmos塗装中

ボークス KOS-MOS ver.4
09 /03 2014
去年の暮れから作ってるKOS-MOSです。
ヒマを見ては一色、ヒマを見てはマスキングと地道に進めてようやくブラシ塗装が終わりつつあります。
一気に塗装できないと一体何で塗ったのかすっかり忘れちゃったりで、とにかくマスキングに慎重になりました。
kos3.jpg

おかげで特に問題も無く、すんなり塗りおえたんですが、それでも長かった……
恐らく、もうボークスの1/4は作らないかも。
大きいので分割して良さそうなところも、平気で1パーツで抜いてくるところはどうにも理解できない感じ。
おかげでマスキングには大変な労力を要します。

kos1.jpg

今回はテカテカにしたいこともあるので、極細のスポンジやすりで下磨きしてフィニッシャーズをおもに使っていきました。
デカール貼ってクリアーコートも済ませました。

大きいだけにモールドの幅もあるので、スミ入れ塗料ではなくエナメルのブラックで埋めていきます。
これから筆作業です。
メーカーさんの仕事が今入ってないので、これに集中できそうです。
少々、家の用が立て込んでいたのがようやく落ちついたので、完成させます。

KOS-MOS再開

ボークス KOS-MOS ver.4
02 /03 2014
さて、中断していたKOS-MOSさん再開です。
あとは髪と銃器のペーパーがけしたら塗装に入れるんですが、これが大変そうw
kosjyukari.jpg
この銃器がとっても大きいのですが、中を中空にしてあるので見た目ほど重くない。
とは言っても手と腰2点で支えるので、ここはしっかり固定できるようにします。

腰部の固定は腰のパーツにダボがあるんですが、どう考えてもダボに真鍮線入れても浅くて貧弱です。
kostugi1.jpg

ですので、ダボを削って差し込みの向きを変えます。
ダボを無視して上に差し込むのではなく、横に差し込みます。
kostugi3.jpg

その方が大きな針金をしっかり入れられるので、ガッチリ支えて安心です。
kostugi4.jpg

あと、銃器の中空にしてあるボックスの継ぎ目を消さなきゃ〜

ワンフェスには初めて出かけるのですが、会場の大きさとか聞いてもさっぱり妖精です。
日頃運動不足なので、きっと端から端なんて無理っぽい
お世話になった方やメガハウスさんに挨拶に行こうかと思いますが、きっと話しかけられないような気がするww
ウロウロするだけで怪しいおばさんにならないように勇気が欲しい!超欲しい!w
いや、その前に幕張まで行けるのかが今から心配です。

あけましておめでとうございます

ボークス KOS-MOS ver.4
01 /08 2014
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さて、昨年末からはじめました、またボークスの1/4です。
大きなKOS-MOS、なかなか難物のようです。
難物というのは、キットの状態からでは無く塗装のマスキングが大変そうと言うところ。
複雑な色分けがある部分ををポンと大きな1パーツで作ってあるので、ちょっと気が重い。
まあ、ボークスのキットは以前からこんな感じ。
できればキャラグミンを白キャストで抜いてあったらパーツ数はめまいするような数でしょうが、塗装がもの凄く楽だったのでは無いかと思います。
が、
まあ、どっちもどっちですねえ〜w

KOS-MOSは武器があるだけにテロスよりパーツが多いです。
複雑な飾りがあるので、腕一本でも美しい。
合いをパテ埋めする必要があるところは股間と腕とボディの間くらい。
あとはそのままで仮組み。

kosude.jpg

今のところやる気がじわっと上がってきてるんで、早く塗装に入りたいです。
こう言うのは一気に塗らないとね。

yozakura

ペコポンのガレージキットを製作するのだ!

了解!

メルアド変更しました。
yozakura09933アットマークgmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。