稲荷庭 加賀 完成〜

稲荷庭 加賀
04 /12 2015
kaga1.jpg
加賀さん、何とか完成しました。
ちょうど依頼品が途切れていた時期で、一気に完成させました。
これほど手間取ったのは久しぶりです。
しかしマストの半田工作をやってみたくて仕方なかったので、これはちょうどいいキットでした。

ワンフェスで一般入場してさっと買えたのも、これは縁があったのだと思います。
加賀さんは意外と作るディーラーが少ないのか弓を構える姿を見なかったので、買えて良かった、帰ったらまずこれから作ろうと思っていました。
これ用にとF.G.Labさんで海面ベースも合うか合わないかと思いつつ買っていたのですが、それがちょうどいいというのも運が良かった。
ですが仮組みを始めると色々難が見えてきて、あああ〜〜って感じで覚悟するしか無かったのでしたw

今回ベースは2枚組にしています。
上の海面ベースは、これはとてもいいベースです。
撮影では下にLEDを置いて撮影したのですが、いい感じに光を拡散します。
艦これにはベストなベースですね。

艦装が少ない加賀さんなので、もっとラクにできるかと思っていましたが、最近ラクなキットばかり作っていたんだなと反省しきりです。
そう言えば、ガレキを作り始めた当初は改造するのが楽しくて色々やってたなーと思い出しつつ作っていました。
しかしまあ、色々と勉強させられたフィギュアでした。

オークションに出品します。
横のバナーからアクセスできますので、どうぞよろしくお願いします。

続きを読む

小細工的な色々他

稲荷庭 加賀
04 /11 2015
加賀さん、すでに完成しましたがその前に〜

まずは矢ですが、結構細かく作ってあるパーツが入っています。
kagaya.jpg
でもなんか物足りないので、一本一本作ろうかと考え、竹串削って紙をはさんで作りました。
kagaya2.jpg
矢羽根はリキテックス、竹串はエナメルで塗装。
完成写真忘れた〜

そして背中のマストはパーツが入っていましたが、以前からやってみたかったピアノ線と真鍮線を組み合わせて半田で工作。
これだけのために道具買って無駄だなーとか思いつつ、しかし出来上がるとなかなかシャープで美しい。
kagadentan_20150411162729bd2.jpg
少々慣れないので四苦八苦しましたが、慣れると楽しくて何でもかんでも半田付けしたい気分でした。

胸当てと前垂れは布団糸で取り付け。
kagase.jpg
本物は最近結び目の無いゴム製が検索すると出てきましたが、糸なのでヒモっぽく腰で結びました。

顔はアイホールが変な形でまるでウルトラマンのようなww
異様に書きにくかった。
kagakao.jpg
できあがりは後ほどアップする完成写真で〜

弓は本に挟んで真っ直ぐにしたあと糸を付けましたが、どうも形がだらしないw
これじゃその辺までしか飛びそうに無いww
kagayumi1.jpg
本物参考に熱して曲げて、大体の形を出してみました。
kagayumi2.jpg

そして最後に墨入れしていて、甲板の赤がどうも美しくない。
kagakanpan3.jpg
他は高さを削り落とした物の、ここは墨入れでオッケーかと思って残していましたが、やはり〜
油断していましたww
結局この部分削り落とし、マスキングしてブラシ塗装。
この甲板には異様に手がかかり、最後まで泣かされました。

オークション出品、完成写真は後ほど〜

加賀さん・・その3

稲荷庭 加賀
03 /26 2015
さて、加賀さんで一番目立つのは左腕の飛行甲板です。
これがこのキットでも一番やっかいでした。
一度ペーパーかけましたが、ファンデホワイトを吹いてみるとボコボコで全然甲板らしくなってません。
kagakanpan.jpg

特にデカールが付いていない代わりにホワイトのラインを凸モールドで起こしてあるので、非常にペーパーがかけにくく、またその凸モールドも少々高さがありすぎて飛行甲板らしくない。
何度もペーパーかけて何とかならしましたが、違和感が強いので凸モールドはガイド程度まで削り落とすことに。
kagakanpan2.jpg

なんか、こうなるまでずっとペーパーかけてました。
気持ちが折れそうなので、全体的に傷は大体で見切ります。そんな感じで作らないと完成しません。

問題点ばかり挙げてきましたが、このキット、親切なのは分割です。
たすきの色分けは簡単なように、別パーツです。
kagafuku.jpg
ただ、私は塗装後に継ぎ目を消すのが面倒なので、写真のパーツは全部塗装前に接着してしまいます。
メーカーさんの仕事が入ったので、完成は先のびになるかな?

加賀さん・・その2

稲荷庭 加賀
03 /25 2015
すでに塗装に入ってるので、メイキング記事上げていきます。
さて、今日は髪の毛です。
仮組みしてて、あれ?っと思いました。
kagaatama.jpg
ポニテに髪を集めてる流れと、ポニテの位置が違います。
ポニテの位置的には間違いないので、うっかりミスかな?

kagakami.jpg
あと、後ろから見て少々前髪の厚みが分厚いので、後ろと変わらないくらいに削ります。

やり方はアルテコで埋めて、ひたすら彫るだけですw
ノミで彫って、あとはペーパーでならします。
kagakamisyuusei.jpg

うう、めんどくさい・・
でもまあきれいに出来たからよしとする〜

加賀さん・・その1

稲荷庭 加賀
03 /24 2015
今特にメーカーさんの仕事が無いんで先月買ってきたキットを一つと依頼品一つ作ってます。
だいたい依頼を頂いたら自分のは置いて依頼品を先に作るんですが、このキットはちょっとやる気のある内作らないと永遠にお蔵入りになりそうなので、先に作ってしまいます。

3D造形は最近よく巡り会いがあるので深く考えずに買ったわけですが、仮組みしながらため息が出てきました。
3D出力のギザギザと、それを消すための粗めのペーパー傷が凄い。
そして、ギザギザが消えてない所が多い。
最近つやつやに磨いてあるキットばかりでラクしてたんで、あああ〜〜〜って感じww

それは置いといて、仮組みしてましたがどうも足が細い。
kagaasi2.jpg
kagaasi1.jpg

むむむ〜、ふくらはぎより大腿が細いっぽい。
あと、ニーソのムチッと感が欲しい。
これはニーソとパーツが分かれてるんですが、接着して改造します。
ニーソの大腿部にこってこてにアルテコを盛って、ちょっと一回りパテを巻いてみました。
kagaasi4.jpg
kagaasi3.jpg
ちょっぴりムチッと感出たかな〜
ヘリのだぼっとしてるのは、すっかり削り落としました。

yozakura

ペコポンのガレージキットを製作するのだ!

了解!

メルアド変更しました。
yozakura09933アットマークgmail.com