太宰府さんに行ったのです

未分類
11 /28 2007





母ちゃんと太宰府に行って来た。
もちろん目当ては国立博物館。
しかし……

「本日は休館日です」

ガーーーーーーーーーンッ

一番楽しみにしてた母ちゃんガッカリ。
しょーがないじゃん、
とにかく、入り口まで行ってみようと言うことに。
しかし、これが、ものすごい。
なにがすごいって、太宰府神社から行けるんだけど、山の上にあるのでエスカレーターで登るのさ。
エスカレーターのゴールが、遙か彼方に見える。
乗っても、後ろを見ちゃいけません!って感じ。

行ってみると、山の中にガラス張りのでっかい博物館がもちのように鎮座してた。
で、眺めて帰る。
しかし、このエスカレーターがやっぱり恐い。
母ちゃんどうしてもエスカレーターに足が出ない。
わしも、なにやってんだよ!と、足を出そうとしたが出ない。orz
おとなしく、横の階段で下りた。


飛び梅は、左遷された菅原道真について飛んできたという、あり得ない話しがまかり通っている古い梅の木。
しかし、飛び梅の前に立ってる婆ちゃん何をしてるのやら、一緒にいた爺さんと言い合いしてここから動いてくれない。orz
仕方ないから撮っちゃったよ。

にゃんこは茶黒ブチの、ものすごく痩せて貧相な奴。
しかし、観光客慣れして逃げない。

「にゃお~~ん」(オッ、お客さんだね、なんかくれるの?)

目はあったが、わしなんも持ってない。
(チェッ、しけた野郎だぜ)
と思ったのか知らんが、写真見てもわかるかシレネがなんと落ち葉を食いだした。

「ショリショリ」(あー、お前が何もくれンから、俺は落ち葉を食うしかないんだぜ、何かくれよ)

なんだこいつ、これがエサをせびる手か?!
凄くカワイソウになってきた!
しかし、何も持たないし、近くになにも売ってない。
バッと立ち上がり、ヌコに背を向け走り出して逃げた

(あっ!サービスしたのに逃げやがった!)

と、ヌコが思ったかどうか、帰りはいなかった。


太宰府さんにお参りして、すでに1時も過ぎていたので食べる所を捜す。
非常にハラが減って、何でもいいんだけど母ちゃんがやたら店を吟味する。
ここは梅が枝餅という、焼き餅が有名。
それと、ナゼかそば屋さんが多い。
お客さんの多い所に惹かれるのが日本人のサガ。
「やす武」だったかな、ようやく入っておろしソバを食ったらむちゃ美味い!
こりゃ大当たりだったぜ。
手打ちソバに、大根おろしと卵、ねぎ、おかかが乗ってる。
これにダシをかけて混ぜて食う。
がっついて食って、写真を撮れば良かったと後悔した。

また行こうっと!

yozakura

ペコポンのガレージキットを製作するのだ!

了解!

メルアド変更しました。
yozakura09933アットマークgmail.com