スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木の表現

未分類
04 /27 2006


杖を気にする。
いや、木にする。

話してもイントネーション違うよなあ。日本語って難しい。
えー、木です。
ただ茶色に塗ってもいいけど、ラグナロクの世界でペンキなんてあるのだろうか。
付属写真はピカピカの金色だった。
魔法使いの杖は、自分的にただの木。
木は生きているので、ペンキでコーティングするべきではない。
ファンタジー書きなので、ファンタジーにはこだわりあり。
さて塗装。
下地にクリアーオレンジ。
乾いたら濃い茶色を筆で木目にてきとーに塗る。
ブラシでミゾに沿って影つけ。
大まかに薄い茶色のベース色を吹き付け。
木目に沿って濃い茶色を再度吹きつけ。
やや半ツヤのクリアーでコート。

ここまではいいけど、さて、この「コ」の字部分に水晶玉を摸した球をどうやって止めよう。
水晶玉に穴開けて針金つけるのも目立つなあ。
うむ~

コメント

非公開コメント

yozakura

ペコポンのガレージキットを製作するのだ!

了解!

メルアド変更しました。
yozakura09933アットマークgmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。