塗装に入りました

ジェットストリーム 春麗
08 /25 2009
春麗さんです、塗装に入ってます。
初めてサフレスしてみたんですが、これは……ラクですw

いや、不謹慎かも知れませんが、もの凄くラクです。
今まで洗浄後、接合部をパテ、パーテーションラインを削った後、モールド彫りやって、ほどほどやすって、サフ吹いて、サフを一度削り落として、もう一度サフ吹いて、部分的にまた処理して、

と、なんかエンドレスなことやってたわけですが、
洗浄後、モールド彫り、パーテーションライン消し、気泡うめしながら全体をペーパー掛け。
で、
なんと塗装に入れます。
これは状態の良い物はサフレスすることになるだろうなあ。
こういうのをストレスレスと言うんでしょうか。
ああ、良キットに感涙合掌

さて、サフレスはお肌と髪で、服は透過すると変なのでサフを使います。
そこで、お肌です。
普通、サフレスフレッシュなど使う物らしいですが、私はいつもの調色肌色が使いやすいので塗ってみました。
chunasi.jpg
見た感じはなるほどいつもより透明感があります。
うむー、あれですね。服とか塗ってないと軽い感じです。

とりあえずお肌をマスキングして、お昼ご飯食べてて何となく見たら、
なんと、
いつの間にやら帯にカケが……Σ(゚Д゚)
kake1.jpg
あれ?あれ?いったいいつ?
しかも、こんなに薄い場所じゃパテつかえねえ~~
仕方ないので、キャスト置換
やり方は~~続きを見るでどぞ↓
キャストのなんか、いらない物用意します。
おおまかに、厚みを調節してナイフで削ります。
欠けた部分にだいたい形を合わせ、軽く合わせて鉛筆でフチの線をだいたい描き入れます。
kake2.jpg
芯は、出来るだけ2本。
0.3mmを、フチの線よりオーバーしないくらい穴あけして差し込みます。
0.3mmは意外と削れるので、多少オーバーしても大丈夫。
キャスト片とパーツの間をアルテコで埋め、取り付け。
アルテコが固まったら整形します。
kake3.jpg
モールドを復活して出来上がり。
多少芯が透けて見えても大丈夫。
サフを吹いて確認します。

コメント

非公開コメント

yozakura

ペコポンのガレージキットを製作するのだ!

了解!

メルアド変更しました。
yozakura09933アットマークgmail.com