すきま

Be-J ハマーン・カーン
04 /15 2010
ハマーンさんは、ただ今ペーパーがけ中です。
すきま埋めと、気泡埋めと、全パーツペーパーかけてるところ。
難しくないパーツ構成ですが、塗装の方が手がかかりそうです。
特にこういうスーツは、変なところに難しいマスキングがあるんですよ。
首と、袖口のクッションのようなものですね。
ヘルメットの内装も同じです。
外装のヘリに厚みがないので、マスキングがはがれやすい。
どちらを先に塗るか、順番を考えねばなりません。

さて、肌と髪はサフレスにする予定ですが、服は透過を押さえるためにサフを使います。
なので、継ぎ目にはパテを使って処理します。
合いはいいんですが、やっぱりこう言うような
tugime1.jpg

スーツは特に、シンプルなので継ぎ目のすきまは厳禁です。
空気が漏れて死んでしまいますw
最近は、継ぎ目の面全体に最初から凹凸をつけて目立たないようなキットもありますが、継ぎ目の面が真っ平らだとすきまの奥が深いので非常に目立ちます。
ですから、私はリューターで浅くフチを削ってパテむにゅやってます。
こんな感じ
tugime2.jpg

リューターは以前はプロクソンの高い奴使ってたけど、最近はクレオスの電池式です。
パワーはないけど、それだけ安全だし手軽で十分です。
あとは、ボークスで買った精密ダイヤモンド先端工具30本セット。
ムダに30本もいらないけど、私は人形のカスタムもやるんで、開眼にはまあ便利。
で、こんな感じですきま無し。
tugime3.jpg
あとはペーパーかけて綺麗にならします。

妹紅さんはお嫁に行きそびれたのですが
襟の継ぎ目が目立つなあと思って、前半分の継ぎ目を消しました。
後ろは髪が外れないので無理。……まあ、後ろは髪で覆われて見えないし。
だからまた写真撮らなきゃです。
撮影ブースを片付けちゃったので、ハマーン様を撮るときにでも。

コメント

非公開コメント

yozakura

ペコポンのガレージキットを製作するのだ!

了解!

メルアド変更しました。
yozakura09933アットマークgmail.com