スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手流し

きゃっとふーど 杏子・キュゥべえ
10 /10 2011
依頼品です、今度は杏子ちゃんです。
fgで見かけて、杏子らしい仕草で印象に残っていました。

さて、キットは久しぶりに少々状態の悪い手流しです。
夏のWFですから、暑い時期の複製も大変だったのではと思われます。
気泡が半端ないです。w
ロットがあとの方だったのでしょう、シリコンの千切れのためかせっかくのダボなどほとんど埋まってます。
kyoasitugi.jpg
こーんな感じ~
まあ、ダボが埋まってるというのは珍しくないので、合わせの凸部分は切り取ってしまいます。

一番の難所は、腰の合わせです。
ベルトが立ち上がり、上半身を入れ込んで継ぎ目を見せない綺麗な分割です。
が、服とお腹の間が埋まり、このままでは肝心の上半身にベルトが入りません。
しかも、ベルトの立ち上がりが薄くてモールド部分には穴も開いてます。
kyoawase.jpg

こういう場合、ベルトが入るように上半身を削るか、服とお腹の際でベルトを切るかとなります。
で、せっかくベルトが綺麗なので、削る方を選びます。

と、言うわけで削ります。
腰はダボがしっかりしてるので、合わせて上半身パーツにベルトの形をだいたい鉛筆で書き込みます。
そして、服の内側のお腹を彫っていきます。
ベルトは立ち上がり部分がかなり薄いので、補強にアルテコを内側に流しておきます。
上半身が入る部分は、内側の出っ張りクズを取り除いてなめらかに処理。
上半身は下半身の内側のヘリに流したアルテコの分、お腹の角を丸く削っておきます。

何度も下半身に上半身が入るように削って微調整。
kyokositugi.jpg
すき間はアルテコで補填してこんな感じに。

接合部のすき間補填にアルテコ使う場合、ベルトがかなり薄いので絶対にくっつかないよう、多めにワセリンとか塗ってやりましょう。

そんで、腰の合わせ出来た感じ。
kyokositugidekita.jpg

きっちり入れ込むとズボンのすそのふわふわの一部が上着に当たるので、ふわふわを削って調節しましょう。

で、きっちり入れ込んだらなぜか手が大腿部に届かないww
仕方ないので袖の向きを届くよう調節して、アルテコで大きく空いたすき間を埋めます。
kyouudetugi.jpg

一部硬化不良を取り除いたり、気泡をひたすら埋めたり、欠けてる所を作ったり、まだまだ道のりは遠い。

コメント

非公開コメント

yozakura

ペコポンのガレージキットを製作するのだ!

了解!

メルアド変更しました。
yozakura09933アットマークgmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。