きほーーー

木神工房 惣流・アスカ・ラングレー ver.FUKANO
07 /04 2012
さて、アスカの記事を開始します。
いくつか切り離しちゃったんですが、キットにはこんな風に繋がった状態でパーツが入っているので、いっそのこと洗浄はこの状態でやります。
小さいパーツなど、なくす心配がないからです。
aspatu.jpg

以外とランナーが大きいので、どこまでがパーツでランナーなのかの見極めがとても神経使いますね。
そして、久しぶりにこんな蜂の巣状気泡見たww
askihou2.jpg

写真ではよく見えないかもしれんのですが、表面かなり荒れてる中に手足と髪、ボディの両脇、まるで天の川のごとくキラキラと、まんべんなく気泡がちりばめてあります。
ここで一気にやる気は80%から40%くらいに下がって、ちょっと戦車作ってみたりしたわけですwwww

しかし、くじけては完成しません。
色々戦車作りつつ考え、気泡攻略法を練ります。
とにかく表面の荒れと毛穴のごとき気泡は

1,アルテコを一度全身に塗る。
2,いつもは使わない目の荒いペーパーで全部削り落とす。今回水とぎしてみた。
3,いつものスポンジペーパーをかけてペーパー傷を軽く消す。
4,一度洗って残った気泡穴を掘る。
5,ロックレーザーで埋めていく。
6,仕上げに再度全身スポンジペーパーをかける。

と、まあ結局2段階でやる事に。
ロックレーザーは薄く塗ると食いつきが今ひとつですが、アルテコのような固まって廃棄という無駄が少ないので仕上げでチョイスします。
と、使おうと思ったら劣化で固まってたーー\(^o^)/
急いでスジボリさんからお取り寄せ。
と、言うわけで現在は5番目を実行中です。

コメント

非公開コメント

yozakura

ペコポンのガレージキットを製作するのだ!

了解!

メルアド変更しました。
yozakura09933アットマークgmail.com