スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸珈琲物語 炭火ハウスブレンド(紀州備長炭)

コーヒー覚え書き
04 /09 2017
神戸珈琲物語の宣伝マンになってしまうな〜
でもここのコーヒー買い込んだので仕方ないw

で、ここの定番
house_blend.jpg
炭火ハウスブレンド(紀州備長炭)です。
今セールやってて、500g単位でお得なのです。

日頃なんか物足りないなー、と思う方にはおすすめの超濃い系阿部寛みたいなコーヒーです。
封を開けると、油ギッシュに表面をテラテラ輝かせて、夏場のサーファーみたいな黒っぽい豆がコンニチハと香ばしい香りを漂わせます。
しかし、

あー黒くて苦そうだな〜・・と、思うのは勘違いです。

黒いのに苦くない。
コクがあって非常にまろやかで飲みやすいという反比例。
送料の関係で、何かあとちょっと頼もうって時は、必ずこいつがお出ましです。

しかし、なんということでしょう!これを一袋飲み終える頃には恐ろしい副作用が待っているのです。
そうです、濃さに舌が慣れてしまうのです。
市販品とか、お湯で薄めたコーヒーのように感じます。
次第に、入れる時コーヒー豆の粉の量が増えます。
そして、ダメだ、やっぱりあの濃いコーヒーが飲みたい・・と、オンラインショップのページを開いてしまうのです。
まるでいけない白い粉のような、そんな中毒性を持った、味が濃くてまろやかで香ばしくて美味しい。
褒めすぎと言われそうなそんなコーヒーです。
(わし個人の感想です。500gをいきなり買うとかは自己責任で〜)

コメント

非公開コメント

yozakura

ペコポンのガレージキットを製作するのだ!

了解!

メルアド変更しました。
yozakura09933アットマークgmail.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。