ゴールドくらべ

塗装でてりのいいゴールドを探して、チップ作ったので資料置いておきます。
下地は黒です。
チョイスしたのは最近発売されて話題になった
「クレオス 百式ゴールド」
「アルクラッド ペイルゴールド」
「クレオス GX209 レッドゴールド」です。

普段はレッドゴールドを使っています。
色が良くて、粒子も細かく安くて手に入りやすい。これが最強です。
いつもはもうちょっとてりが欲しい場合、箱入りのスーパーゴールド使うんですが、今回はちょっと色が違う。
あれはあれで渋い金の場合はピッタリなのですが。
今回はてりが良くて明るいゴールドが欲しいのです。

と、言うわけでカラーチップです。
下1cmほどは様子を見るためクリアーコートしてます。
DSC_1510.jpg
百式ゴールドは非常に粒子が細かいので、重ねるともっと明るい感じです。
1度しか吹いてないので暗いです。
3色、正面から見ると色的にはあまり変わりません。

さて、次は傾けてみます。
DSC_1504.jpg
やはり粒子の細かい百式とペイルはとても照りがいい。
輝き方としては、
百式ゴールド>ペイルゴールド>レッドゴールド
という感じ。

クリアーコートですが、クレオスのスーパークリアーを下1cmほど吹いてます。
DSC_1509.jpg
クリアー二往復ほどした結果です。
なぜか百式ゴールドはクリアーをはじいたので、均一な塗装面が得られませんでした。
ペイルゴールドは表層にクリアー層が何故か出来なかったです。
レッドゴールドは普通にクリアー層が出来ます。
ですが、光の反射はその時点でゴールドの粒子からではなく、クリアー層からの反射となるので金らしさはやや失われます。

百式ゴールドとペイルゴールドは非常に粒子が細かいので、やや圧を落としてふわっと乗せるように吹きます。
圧が高いと、塗面の粒子がエアーに押されて周囲に集まり、よれた様になってムラが出来やすいです。
ちょうど薄く溶いた塗料を、高い圧で吹いたときのような感じです。
ムラは厚く吹いて隠せばと思いがちですが、粒子が細かいので薄く均一に乗ることにより、粒子がよれた部分が顕著に盛り上がって見えます。
凹凸のあるパーツだとごまかせますが、広く平らなパーツだと目立つので注意が必要です。

あと、ふわりと乗せるので何度か重ねて吹く必要がありますが、その都度ほどほど乾いてから吹き重ねた方が失敗なく吹き重ねられます。
また、金属粒子は重いので、度々うがいをしてブラシのカップの中でかき混ぜましょう。
吹きが悪くなったら、金属粒子がブラシの先で詰まってきた合図なので、ニードルとノズルまで洗浄します。

最近メーカーさんの仕事ばかりだったのですが、合間でメーカーさんに貰ったキット組んでました。
あと顔書くだけなのでもうちょっとです。
メーカーさんの仕事がもうすぐ終わりそうなので、それ仕上げたらオクに出そうかと思ってます。

なかなかブログに載せられる写真がないので申し訳ないです。
思い出した時にでも、ちょいと覗いて頂ければ幸いです。

ふらっと☆ぶらっと 太郎太刀(胸像)

taroutati1.jpg
ふらっと☆ぶらっとさんの太郎太刀です。
気楽に短期間で作るのに、胸像はピッタリです。
冬のWFではとうらぶの胸像が何点か出品されたので、いくつか巡りました。

ふらっと☆ぶらっとさんは毎回チェックしているので、胸像があると情報を得てさっそく買い求めました。
パーツ数は少ないですが、多少気泡があったのでだいたい埋め〜
自分のだし気楽に〜と思ってたんですが、なんだか作ってる内に凝ってしまったw

やはり紋を入れると映えますね〜
こういう時シルカメあると便利だなー。
台座には椿をあしらうようになっていたんですが、使いませんでした。。
眼鏡の度が合わなくて軍資金が欲しいので、オクに出すかどうしようか悩み中w

その他の写真は続きを見るからどうぞ

続きを読む

ランペイジ ダーティペア完成しました。

datypea2_201610012212150fb.jpg
ずいぶん懐かしいキャラクターを、10年近くお取引のあるご依頼者様からご依頼頂きました。
懐かしいなあと、デジタルからほど遠い時代のアニメーションを思い起こしながら箱を空けると、その頃の雰囲気を残したまま洗練されたユリとケイが現れました。
何となく、今の技術でもう一度アニメにならないかなあと思わせるデザインです。
古さを感じさせない健康的なエロティックを感じさせます。

と、まあ製作に関しては古い作品だけに色数も少なく、スーツのマスキングがちょっと面倒くさいのでそこをガマンすると作りやすいキットです。
ベルトは特に芯入れせず、横のバッグで固定するようになっています。
よく工夫されて、考えられています〜。
ただカラーキャストなのでスーツや髪を塗る前に色を整える必要がありますが、私は銀とゴールドを使いました。
独特の輝きが出ますが、このキャラには合っています。

古い作品なので資料が無いので作例を元に作っていますが、ワカメ影は作っていません。
代わりに影色でワカメ影の場所にブラシで吹きました。
これも違和感なくていいかもしれません。

ベースはボークスの仲良しベースが丁度良かったです。
その他の写真は「続きを読む」からどうぞ。
また、HPにも載せています。

続きを読む

エンブレイスジャパン GUILTY GEAR Xrd -SIGN- ソル=バッドガイ Color 4

kurosol7.jpg
担当した黒ソルです。
非常にカッコいいので塗ってるときから欲しくなり、予約開始と同時に予約してしまったw
ちょうどダーティペアの撮影のためにブースを出したので、何枚か写真撮りました。
どうもまだNX-Dに慣れてないのであまり現像がグッドではありませんが、あまりネットで見ないので掲載します。
購入迷っている方のご参考になれば。

続きを読む

ケイの次はユリ

ケイの塗装が終わったので、次はユリにうつりました。
DSC_1395.jpg
ちなみにスーツは例のアニメ上でメタリックの輝きを表す『ワカメ影』は入れていません。
ふつーにブラシの塗装です。
ワカメっぽく影の出る場所にブラシを入れてみましたが、色差を強く出さなかったのであまり目立ちませんでした。

さて、ユリです。
ユリは白い肌なので、いつものような塗装で塗っています。
yurihada.jpg
元はスーツ部分の色のキャストですが、ピンク過ぎるので肌色吹いてちょうどいい感じです。
このカラーキャストはピンクが強いので、クリアー系の肌よりフレッシュで塗った方がいいような気がします。
下が明るいピンクなので、肌色の発色がいいです。

と、塗装に入ったところで、急ぎの仕事が急遽入ったので一気に塗ってしまいました。
DSC_1420.jpg
髪は、金下地で塗ったケイの髪が燃えるような感じの輝きが出たので、合わせてシルバー下地に普通のブルーで塗っています。
スーツもシルバー下地なのでやや暗いんですが、これを白下地にするとちょっと明るすぎるかな〜と。
二人は同じスーツの色違いなので、下地に同じシルバー塗りました。
並べて飾るのが前提なので、二人は同じ塗装方法でそろえています。

あと、カラーキャストなので目の塗装に一番迷ったんですが、結局白目塗って黒目をブラシ塗装しています。
今のデジタルと違って瞳に色んな表現が無くあっさりしているので、ブラシでいくらかグラデを入れて塗りました。
あとは目にクリアー塗って組み立てになりますね。
大きなベースが必要になるのでどうしようかと考えていたんですが、先日福岡のボークスで『仲良しベース』という物を見つけて買ってきました。
さて、完成が楽しみですが写真がむずかしそうだなー(;^_^A
プロフィール

yozakura

Author:yozakura
ペコポンのガレージキットを製作するのだ!

了解!

メルアド変更しました。
yozakura09933アットマークgmail.com

ヤフオク
出品中の商品はこちら
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
ハウステンボス応援
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
Flashリバーシ
by Orfeon
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
月別アーカイブ
FC2カウンター