ぷるるん亭 水着マックスちゃん

z3-1.jpg
WFでお世話になった、ぷるるん亭さんの水着マックスちゃんの展示見本を作りました。
あああ、ほんとはイベント前に書くべきだったんだよなあ。
でも、一息ついてみたら写真があったので、せっかくなので上げておくことにします。
Mioさんが一気に3体製作で今回は無茶苦茶忙しいギリギリショーやってたので、お手伝い。
とは言え手流し。

実は、ぷるるん亭さんのキットを作るのは初めてです。
しかし複製が非常に長けていらっしゃることは知っていたので、自家複製品でも十分イベント前に完成出来るとふんだのでした。
しかも組んでみると固定に悩む必要のない良キット。
ベルトが2本あるのでこれがミソだなーと思っていたら、ちゃんと考えてダボが用意されていました。
はーよかった。

さて、塗装ですが会場でも生き生きと見えるように彩度上げてます。
イラストでややピンク髪なのでそんな感じ。
艦装の銃も、イラストに合わせました。

その他の写真は続きを読むからどうぞ

続きを読む

久しぶりの艦これ〜

先日、年に一度だけ行くイベント、冬のワンフェスに行ってきました。
遠いだけになかなか行けませんが、これだけは年に一度の自分へのご褒美でもあります。
日頃ネットでしか会えない方々と、ご挨拶して回るのも楽しみの一つです。

そして・・しかし、やっと減ってきた積みがまた増えてしまったああ!
今回胸像が多かったので、3つも買ってしまったよ・・
wf2017w.jpg
あ、ミサ姉は展示見本引き受けたのであります。
あと、頂いた物もあったり・・

そして、久々に艦これ買っちゃった・・
艦装の固定にまた頭が痛い!
と、言うわけでまずは艦装がある物から作っちゃうアルよ!

と、テンション高くないと出来ないであろう、はむすた工房さんの初月です。
原型師さんもイベント前に体調崩されたこともあり、これはギリで何とか滑り込んだ感じ満載なのであります。
でも、反ったおなかが何とも可愛い。
イベ前はTwitterでイイネ押したモノをチェックするのですが、やっぱこれ欲しいなーと言うわけで買ってきました。
きっと何とかなるさって感じ。
最近ラクしてばかりだったし、たまにはがんばれ、わし。

と、言うわけで仮組みです。
hatuatama1.jpg
ダボはあるけど凹の受けが跳ね髪とリボンの2つない。
何か組み方があるんでしょうけど、リボンを前髪に挟み込むと前髪の間に大きな隙間が出来る。
リボンを組まないと、また横にスキマがある。
しかし、リボンで頭と前髪の間の継ぎ目を見えなくしようとしたんだよ、いう原型師さんの声が脳内エコーで聞こえたので、リボンのダボを薄く削って入れ込みました。
hatuatama2.jpg
恐らくこれでいいはず!

チナッガイさん、完成〜

tinaggai000.jpg
去年の暮れから作っていましたチナちゃんですが、ようやく完成しました。
フリルやあちこちの段差とエアインチョコのような微細気泡に少々手間取りましたが、まあ、これこそガレージキットの醍醐味であります。
そこは愛情で埋めて、ため息で妥協しつつ作っていきました。
妥協は大事です、完成しませんからw

さて、愚痴はそのくらいとして、
塗装はやや鮮やかさを押さえてかなりホワイトを使い、柔らかな黄色を目指してます。
グラデーションは綺麗なフリルにきつくかけると、うるさくなるので控えめに。
リボンも同様にやわらかなピンク系の赤にしています。

メガネは磨いても透明度が低かったので、フレームを残して削りました。
よって眼のクリアーコートは眼鏡の向こうの眼だけキラキラすると不自然なので、クリアーコート無しでフィニッシャーズのフラットコートをしています。

頭と腕のベアッガイパーツはプラではなくキットのキャスト製です。
オークションに出品します。
オークションのページには、右上のバナーからどうぞ。
どうぞよろしくお願いします。

続きを読む

神戸珈琲物語 ケニアAA

わしはコーヒーが好きなのです。
でも、どこか喫茶店に顔なじみがあるわけでもなく、何かにもの凄くこだわっているわけでもありません。
珍しくないモノで、普通にスーパーや通販で買ったもので好みを時々覚え書きしていこうかなと。
個人的な感想で、自分的覚え書きという位置で。

で、最初は福袋ですよ、神戸珈琲物語の。
このお店はトレフェス神戸に行ったとき、カトちゃんさんに聞いてそれから買うようになりました。
深いローストが香ばしくて非常に好み。
と、書くと自分で何言ってるかわからんのですが、いわゆるめっちゃ濃いんですよ。
副作用として、ここのを飲みつけると市販のコーヒーが薄く感じます。

と、まあこの辺で本題。
福袋に入ってた一つ、ケニアAA
kenya_aa.gif
こんなラベルが貼ってあります。

『ワインの表現で言うならば「スーパーフルボディ」タイプ!
ラズベリーのような甘酸っぱい晴れるような香り。
何層にも折り重なる深みが重厚なコクを持つ極上品。
世界が認めたアフリカ大陸屈指の最高品質。
濃厚なミルクに合わせて濃厚な味わいを!
カシス系の甘酸っぱさを引き立てるケーキとご一緒に!』

むむう、わかりません。
頭の悪いわしにはぜんぜんわかりません。

説明文からはモヤッと、濃くて酸っぱいのかという印象です。
わしは酸っぱい系はあまり好きじゃないので、ちぇっ、ハズレか〜と、まずこれを開封しました。
ハサミを入れると、コーヒーなのにほんのり甘い香りがします。
おやっ?っと、思うような甘くて普通のコーヒーには無いとても良い香りです。
しかもその甘さは控えめで、ケニア子さんの風呂上がりにふわっと香る良い香りのような感じ。
なるほどこれが『ラズベリーのような甘酸っぱい晴れるような香り』というわけですね。
これは好印象です。

さて、豆をゴリゴリやって普通のヤカンで普通にペーパードリップします。
香りは豆の時+香ばしい
そして『重厚なコク』という事は苦いかと思いそうですが、苦くはありません。
濃いのです。
まあ、この辺はいつもの神戸珈琲物語です。
甘酸っぱさも控えめで、ほんのりふわっとマイルドな感じで気になりません。

そして鼻に抜けるあの良い香り。
クセになります。
これは当たりです。
クセになります。

また買うのだ!忘れるな!(未来のわしへ\(^O^)/

めがね

チナちゃんの顔を描いたわけですが、軽く組んでみるとどうもメガネがイケマセン。
細かい番手でクリアー吹いて磨いてを繰り返すんですが、モヤッとします。
DSC_1556.jpg
自分もメガネつけるんで、キュッキュッと磨きたくなります。
風呂場でメガネって感じです。
何度磨いても解決しないので、どうもパーツ自体の透明度が低いような気がします。

実はキットにはもう一つ予備パーツが入っているので、思い切って削ってみることにしました。
失敗したら仕方ないのでボヤッとメガネで。

と、言うわけでリューターで少しずつ削っていきます。
フレームが細いので、折らないように〜
ほどほど削ったら紙やすりで仕上げます。

で、できあがり。
DSC_1578.jpg
うーん、やっぱこっちがいいかなあ・・

一応こっちで明日組みましょうか。
写真撮るまで行ければなあ。

そう言えば最近、ホームページっていらなくない?って感じで〜・・。
ブログだけにしようかなあと思ってます。
BINDも新しいの買ってないので、サポート切れたらOS次第で使えなくなるかな〜?
と言うわけで迷い中〜。
サーバーもデジステの有料サーバーなので、契約を切るとさっぱり消えます。
一覧で見られるのは便利ですが、もう古いのもあるので見てる人いるのかなあ・・
ほとんどブログで用が済むので難しいですねえ・・
プロフィール

yozakura

Author:yozakura
ペコポンのガレージキットを製作するのだ!

了解!

メルアド変更しました。
yozakura09933アットマークgmail.com

ヤフオク
出品中の商品はこちら
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ハウステンボス応援
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
Flashリバーシ
by Orfeon
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
月別アーカイブ
FC2カウンター